※※※2019.2.12更新※※※訪問ありがとうございます。初めての方はぜひこちらもご覧ください。

【同棲解消宣言】1ヶ月半の出来あれこれ

【同棲解消宣言】1ヶ月半の出来あれこれ

ケアマネを交えたミーティングから、1ヶ月半。
現状、まだ3人での生活を続けていますが、物件を決めたので、今月末に僕とベンは引越します。

「2人で家を出る!」この決断をすること、実現に向けて動く為に、何度も衝突し傷つけ合い、たまに和解し、また衝突した1ヶ月半。怒鳴ったり酷い言葉を発する自分が嫌なのに衝突は避けられず、ますます酷い言葉を口にして、生涯で1番の自己嫌悪を抱くことに。

どん底まで落ち込んだ3人の関係性ですが、ケーズデンキで家電を買って、ジョリーパスタで外食するところまで持ち直すことができました。
今回は、それぞれの気持ちの移り変わりや、同棲解消で期待することをまとめました。

気持ちの変化

〜ここまでの、簡単な経緯〜

ショートステイなんて絶対に嫌だ!

それなら、出て行く。

5/23:ケアマネを交えたミーティング

ショートステイに行くけど、こっちも言いたいことは言わせてもらう!

・・・そこまで言われて、一緒に住むつもりはない。

〜ココまで〜

〜始まった、衝突の日々〜

5/27:早くも和解

酷いことをたくさん言ってしまい、ごめんなさい。
何て言ったか覚えてないから、認知症かもしれない。
もう遅いかもしれないけど、ショートステイに行くよ。

こちらの気持ちをわかってくれ嬉しい。もう少し頑張ってみる。

仲直り出来たし、また衝突する前に、私が1人暮らししてみようと思う。

〜トン用、アパート探し開始〜

5/31-6/3:ショートステイへ

6/5:希望から失望へ

やっぱりショートステイは嫌だ。
施設は綺麗だし、スタッフもいい人、行ってしまえば平気。でも、自分でもなぜかわからないけど、どうしても行きたくない。
アパートを借りての1人暮らしも、友達に反対されて怖気ついた。
なぜ私だけが我慢してショートステイに行かなければならないのか。
私の何がいけないの?どうして家にいちゃいけないの?私だけが悪いの?

(この間の和解はなんだったのか・・いつも振り出しに戻ってしまう。もう、期待しちゃダメだ)

〜再度、衝突の日々〜

6/13:ケアマネと成田病院へ

先生もケアマネも、みんな自立しろ、子離れしろという。誰も私のことをわかってくれない、辛い。1人暮らしは出来ない、施設を探す。

6/14-16:ショートステイ、キャンセル

6/15:家を出る動き出し

UR窓口で物件探ししよう!

本当にこのまま離れていいの?決断は慎重に。

(友達と話して、考えて、やっとの思いで決断したのに・・迷わないなんて無理なのに)

6/16:トンがベンに八つ当たりし、家の雰囲気が最悪に

〜内覧に行く=具体的に進めていることを伝える。トンの悲壮感が漂い過ぎる日々〜

6/21:泣きのお願い

いつも支離滅裂なこと言って怒らせてしまうから、言いたいことをきちんとメモしたので聞いてください。
地域包括センターとケアマネに連携してもらって、どんなサービスがあるか、施設に入れるか聞くから、出て行くのは待って欲しい。

わかったよ。

6/22:URで紹介された物件、内覧

駅から近く、広く綺麗な物件で気にいるも、昨日のこともあり保留に

内覧をしたことで、マンションに住みたい欲が出てしまった。家を出るのが未確定で、これ以上内覧するのはしんどいかも。

未だにこれが正しいと断言は出来ないけど、今できる最善は出て行くことだと思う。

(施設入居は無理そう。ショートステイも1人暮らしも無理。タニオを説得しなければ)

〜再度、衝突の日々〜

6/28-30:ベン、友達と旅行へ。物件探し進まず

(説得出来ない。タニオも精神的におかしくなっている。このまままじゃダメだ。1人暮らしを受け入れるしかないか・・)

〜1人暮らしを想定した話し合いが増える〜

7/6:UR窓口で物件探し再開

前回の物件は成約済みで、 新しく紹介された3件内覧。「狭すぎるから、ここだけは無い。」と思ったのに内覧で一目惚れし、仮申込。

7/7:全て受け入れ、仲直り?

絶え間ない衝突で、罵り合う親子と、巻き込まれるベン。
最後はトンが1人暮らしすることを受け入れた上で「ベンくんの誕生日を祝いたい。」と歩み寄り、平和な日常が戻る。

期待していること

〜同棲開始前〜

1人暮らしなんて、絶対出来ない!
施設に入る前に、同居してみたい。

人間、いつ死ぬかわからない。1人になってしまったトンと過ごす時間を大事にしたい。

タニオが望むなら、もちろんいいよ。

一緒に住むことが最善だと信じて始めたこの生活。
身体も心も不自由で、1人暮らし未経験のトンがやっていけるのか、不安は拭えません。

でも、それ以上に期待していることもあります。

変わって欲しい

「家がいい」と出掛けない。
家事を任せてもすぐに「無理」と放棄する。
1日中TVを見て、出されたモノを食べるだけ。
「また出掛けるの?」僕とベンの動向ばかり気にする日々。

一緒に住むことで生じてしまった「何もしなくていい、考えなくていい」という弊害。

1人暮らしになれば、掃除・洗濯、日々の食事の用意。すべきことがたくさん発生します。

そうやって、少しずつ「自分でやる、考える」習慣を身に付けて欲しい。
出来ないことは訪問看護・リハ・ヘルパーを頼って、コミュニケーションを取って、家族以外の人間関係を築いて欲しい。
ゆくゆくは「外に出てみようかな」と思って欲しい。
「その日はダメ」と僕の誘いを断るくらい、息子に依存しない、いろんな楽しみを見つけて欲しい。

そして勝手な希望だけど、僕とベンが遊びに来たら、歓迎して欲しい、です。

後悔しない

最初から、一緒に暮らさなかった方が良かった。
大変なのはわかってたんだから、もっと覚悟を持って臨むべきだった。

そんな後悔はもちろんあるけれど、この1年のリハビリで出来ることが増えたし、仲の良い親子と思っていたけど衝突が絶えないことがわかったし、何より、ベンとトン共通の思い出がたくさん出来た。
だからこの1年、3人での生活は必要だったと考え、後悔しないことにしました。

まずは引越し!

とはいえ、今うまくいっているのは、双極性障害の【躁状態】で気持ちが前向きになっているのが大きいので、また覆されたり、衝突することもあるでしょう。

【同棲解消宣言】の4日後には、「仲直りできた!」と、【撤回】同棲解消宣言なんてタイトルでブログ下書きするも、すぐに覆されたり😓

そんな経験を生かし、もう振り回されないように、ある程度自分本位に行動していこうと思います!

まずは今日、ケアマネを交えたミーティングです。
次回、引越し完了報告が出来ますように。