※※※2019.9.5更新※※※訪問ありがとうございます。初めての方はぜひこちらもご覧ください。

入退院報告!

入退院報告!

前回の更新の翌日、11/22(金)に入院。
12/25(水)に退院しました。
今回はその経緯を書いていきます。

入院

11/22(金)通常月1回の通院のところ、11月だけで4回目の受診。訪問看護師からの強い推薦もあり、受診からそのまま入院になりました。

症状は悪化する一方。【入院を大前提】に看護師さんとまとめた荷物を持参で受診したので、そのまま入院出来た

お見舞い

11/25(月)頼まれた荷物を持って、お見舞い。

「入院生活が良すぎて、退院したくない!」
もしくは、
「こんなところもう嫌だ!」
と荒んでいないか心配したものの、【程よく楽しみつつも、早く退院して日常に戻りたい。】というこれ以上ないベストな状態!

幻覚・幻聴も、入院数日で治まった様子。
原因は増やした薬だったようで、
●気分が落ち込み、薬を増やす→気分が上がり過ぎて、幻覚・幻聴→薬を減らし、回復

良い意味で拍子抜け😅

外泊と他病院への通院

症状が回復しても、簡単には退院出来ません。

外泊(一時退院)で再発がないか観察

1、11/30(土)〜血管外来〜

2、12/9(月)〜形成外科〜

2度の外泊のついでに、他の病院への通院も済ませる。
1度目の外泊では、少し低い椅子に座り、立ち上がれなくなってパニックで泣きじゃくる場面もあったものの、他は大きな問題もなく終了。

支援体制の再構築

12/6(金)退院に向けて、カンファレンス(懐かしい・・)
病院側:主治医、入院中の担当医、看護師、ケースワーカー
日常支援側:ケアマネ、訪問看護、ヘルパー
ここに僕とトンを加えて、9名で実施。

病院側「もう大丈夫だから、早く退院して。」
日常支援「年末の支援をこれから組むのは難しい・・」
的なバチバチが少々あったものの、訪問看護の方が率先して発言してくれて、「年内には退院を」でまとまった。

退院

退院日の設定で一悶着あったものの、12/25(水)無事に退院。症状を振り返すことなく、年明けを迎えることが出来ました。

足の浮腫み

退院の日、血管外来の検査を受け、28(土)に結果を聞きに受診。血管の詰まりなどはなく、手術も不要。とにかく「加圧ソックスを穿く。」就寝時は、「足を高くする。」とのこと。
入院中、加圧ソックスをきちんと穿いていた為、浮腫みはほぼなくなりました。効果は抜群なものの、一人で着脱出来ない加圧ソックスとどう付き合っていくかは、これからの課題です。

リハビリ入院

長年通っている形成外科へ行った際、
「リハビリを目的とした地域活動として、2ヶ月くらいの短期入院が出来るけど、来てみたら?」
とお声掛けいただく。
訪問看護師・リハの方からも、
「今の状態なら大丈夫。ぜひ行くべき。」
と背中を押されていて、トンは悩み中。

一人暮らしを始めてから、体重が増量。リハビリもあまり出来ておらず、今まで出来たのに出来ない行動が増えてきているので、トンのやる気を促したいな、と思っています。

引越しで大きく変わった1年

2019年は、7月の引越しを境に大きく環境が変化。
結果的に、やはり引越して良かったと思っています。
まさか入院するとは思わなかったものの、退院時「頑張り過ぎないでいいから、いつでも戻ってらっしゃい。(まんま、映画の小林聡美さん)」と言われ、肩の荷が下りたので、良い経験になりました。

2020年、トンの初夢には「エプロンをしたベン君とタニオが出てきた。」そう 😅
3日には、3人でご飯の予定です。もう一緒に暮らすことはないでしょうが、良い距離感を探りながら付き合っていけますように。